主婦くまのお悩み解決ログ

主婦くまのお悩み解決ログ

一児の母×バイヤー

【作ってみた】「エリックサウス」イナダシュンスケさんのレシピ本でスパイスカレー

おうち時間が長引く中、育児の合間に息抜きになっているのが「カレー作り」です。

元々インドカレーが好きだった私はお店へ出向いたり、UberEatsで頼んだりしていました。いわゆる家庭のカレーも好きなんですが、お店でないと食べられないスパイスたっぷりのカレーです。

そんな時に出会ったのがエリックサウスのレシピ本

この本に出会ったおかげで「自宅で・手軽に・本格的な」スパイスカレーを楽しめるようになりました!

今回はそんなレシピ本で作ったカレーの紹介です!

 

 【作ってみた】「エリックサウス」イナダシュンスケさんのレシピ本でスパイスカレー

スパイスから作るおうちカレーは難しくない!

この本に出会うまでは、「スパイスカレーはいろんなスパイスを組み合わせて、時間をかけて作るもの」という勝手なイメージでした。

しかし、この本に出てくるカレーは「いわゆる家庭のカレー」よりも断然「簡単かつ短時間で」作ることができます。

まえがきにも書いてありますが、インドカレーのスパイスの配合はとてもシンプルです。

(中略)秘術にしか見えなかったスパイスの配合も、ある一定のシンプルな法則にのっとっていて、しかも自由。時間をかければかけるほどいい、という先入観も、少なくともインドカレーというジャンルでは完全な誤解であったことにも気づきました。

引用:だいたい15分!本格インドカレー

もちろんインド料理ならではのコツやレシピから読み取れない奥の深さがあるとは書いてあります。が、本の内容は素人にそれを感じさせません。

本の良いところ

スパイスの配合は規則性があって分かりやすく、迷わない

そもそもカレーを作るごとに、いろんなスパイスを少しずつ計量するのが面倒くさいです。

この本では4種のスパイスを混ぜた「シンプルパウダー」(または「基本のミックススパイス」)を先に作っておくことで、実際に料理をする時の計量の回数を少なくしています。

料理をするときも、材料の計量を「フライパンの上で行う」ので、計量用の容器を用意する必要がほとんどありません。

この点が一気にスパイスカレー作りを身近なものにしてくれていると思います。

時間がかかる工程は簡単工程に置き換え

いくらインドカレーがシンプルだと言っても、豆を長時間煮込んだり、肉や魚を下ごしらえするレシピもあります。

ですが、このレシピ本では、時間がかかる工程は全て無くしています。

例えば、魚を下ごしらえする代わりに「鯖缶」を使うなどです。

この置き換えによって、ほぼ全てのレシピが15分以内に作れるようになっています。

15分で作れるんだったら、帰りが遅くなった日に普通にご飯作るより、「今日はエリックサウスのレシピ本でカレーでいいか」ってなりますよね。

レシピのバリエーションが豊富

使う食材は、肉、魚、海老、野菜、豆などなど…

カレーの種類も、さらさらとしたカレーからゴロっとしたスパイス炒めのようなものまで豊富です。

また、付け合わせのレシピやレンチンビリヤニの作り方まで、全2冊はボリュームたっぷりです!

一方、レシピがいっぱい載っていても「滅多に使わない材料ばかりで結局気軽に作れるのは数品」という本もあります。

ですが、この本はスパイスさえ買ってしまえば変わった食材は一切出てこないところがとても親切です。

後片付けが楽

前述の通り、「フライパンの上で計量しそのまま火にかける」レシピばかりなので、洗い物が少ないです。

また、「いわゆる家庭のカレー」だと長時間煮込んだことで、結構カレーが鍋にこびりついて洗うのが面倒くさいですが、短時間でぱぱっと煮込むレシピばかりのため、そのようなこともありません。

「フライパンと食べたお皿だけ洗えばOK」なんてメニューもあります。

作ってみた

世界一簡単なチキンカレー

「世界一簡単な」という名の通り、本当に簡単です。

具材を炒め、10分煮込むだけ。

なのにスパイスやニンニク、生姜をしっかりと使っているので、しっかりスパイスの効いた味になります。

トマトや玉ねぎも入っているので、旨み・甘みも感じられます。

材料も変わったものは一切なく、スパイスさえ常備しておけば、「帰って15分」で作れます。

f:id:kumablogkun:20210504143429j:plain

スパムエッグブルジ

スパムとパクチー、シシトウを買ってくる必要がありますが、かなり気に入ったレシピです。

カレーではありますが、夜のおかずの一品にもなると思いますし、おつまみにもぴったりだと思います。

f:id:kumablogkun:20210504143434j:plain

鯖缶トマトカレー

魚の下ごしらえを「鯖缶」を使うことで無くしているレシピです。

鯖缶を使い、油もオリーブオイルなので、ヘルシーかつ美味しいです。

材料をフライパンの上で計量して10分煮込むだけで、「こんなに簡単で美味しくていいの?」と驚いたレシピのうちの一つです。

f:id:kumablogkun:20210504143448j:plain

アチャール

お好みの野菜をニンニクやレモン、鷹の爪とともに塩水に漬けるだけの簡単なつけあわせ。

日持ちもするので、カレーのお供としてだけでなく、常備菜として作りました。

ヨーグルトやスパイスを追加したアレンジレシピも載っています。 

f:id:kumablogkun:20210504143422j:plain

使用したスパイス

まとめて購入したら、大容量で安く買えました!

スーパーにも売っているスパイスですが、スーパーはおそらくコスパが悪いです。

思い切って大容量のものを買ってしまった方が良いと思います。

我が家も大量にシンプルパウダーを作ったので、週1くらいでカレーを作って、本に載っているレシピを制覇してみたいと思います。

購入したのは下記のスパイスセットと、単品のスパイスです。

スパイスセット

 単品で購入(左から:クミンパウダー、ターメリック、赤唐辛子、パプリカパウダー)

最近、コロナや育児で外食が出来ないのがストレスでした。

このレシピ本で「外食っぽい味」を自分で作ることが出来るようになり、スパイスカレーを作る時間が気分転換になっています!

 

本日もお読みくださり、ありがとうございました。

プライバシーポリシー お問い合わせ