主婦くまのお悩み解決ログ

主婦くまのお悩み解決ログ

一児の母×バイヤー

おむつの捨て方に迷って、普通のゴミ箱を導入したら意外とアリだった

こちらの記事から続いておむつの話題です。

kumablogkun.hatenablog.com

産まれたての頃は、ベビーベッドに袋をかけてそこにおむつを捨てていてもそこまで気にならなかったのですが(うんちは袋に包んでいましたが)、流石に最近臭くなってきました笑

そこで先週から蓋つきのゴミ箱を導入したのですが、かなり満足しています!

今回はおむつ用ゴミ箱として導入した「シールズ25  密閉ダストボックス」の使用感をご紹介したいと思います。

【レビュー/口コミ】シールズ25密閉ダストボックスをおむつゴミ箱として使ってみた

おむつ用ゴミ箱の検討

出産前からおむつ用ゴミ箱については調べていましたが、使用イメージが湧かなかったため、購入はしていませんでした。大きく分けると以下の2方向で考えていました。

専用カートリッジタイプ

普通のゴミ箱よりも密閉性・消臭効果が高く、性能だけ見るとベストな気もします。ですが、専用のカートリッジが必要でコスパが悪い&おむつ用としてしか使用できないというデメリットが気になったため、止めました。

こういうやつです。

市販のゴミ袋を使用するタイプ

スーパーやドラッグストア等で購入できる市販のゴミ袋を使用できるため、無くなってもすぐに手に入るのが良いところです。専用カートリッジタイプよりはおそらく密閉性が劣りますが、コスパを考えるとこの方が良いと考えました。

ただ、市販のゴミ袋を使用するタイプの中でも、なるべく密閉性が高そうなものを選ぶことにしました。

今回購入したのはこちら

商品レビュー・口コミ

ここからは個人の感想ですが、使用感など書いていきます!

密閉性・消臭性

フタを閉じた時にシリコンパッキンでピタッと密閉できるようになっているので、蓋が閉まっている間は臭い漏れをほとんど感じません!

下記の写真、グレーの部分が内部のシリコンパッキン

f:id:kumablogkun:20210317160550j:image

下記の写真、グレーの部分が蓋部分のシリコンパッキン

f:id:kumablogkun:20210317170541j:image

ただし、流石にフタを開けた時には、ほのか〜に香ります。笑

強いて言えばデメリットはそのくらいです。

容量

容量は25リットルと記載がありますが、30リットルの市販のゴミ袋が使用できます。

現在、1日のおむつ替え回数が約15〜20回ですが、3〜4日分が入ります。袋の交換頻度が少なく、かなり楽です。

使いやすさ

ワンプッシュで蓋が開けられ、閉めるのも片手で一瞬です。

f:id:kumablogkun:20210317170611j:image

ゴミ袋の交換も上部を持ち上げるだけなので、手も汚れず、おむつを触ることもありません。

f:id:kumablogkun:20210318135759j:image

替えのゴミ袋を被せた後は、両端についた丸い穴に指を入れて固定し、上から上部を戻せばズレることもありません。

f:id:kumablogkun:20210317170636j:image

スリムさ

約幅33.7cm×奥行17cmとかなりスリムです。我が家は寝室にベビーベッドを置いていて、ベビーベッドの周りにはベビーワゴンや加湿空気清浄機など物が多く、ゴミ箱を置けるスペースがかなり限られていました。

このように縦に置いたら、空いていたスペースにすっぽりはまりました。

f:id:kumablogkun:20210317170659j:image

デザイン

ゴミ袋がはみ出すこともなく、ゴミ箱らしからぬ見た目です。真っ白なのですが、洗ったり拭いたり出来るので、綺麗に保てます。

壁に寄せて設置すれば、壁との間にはほとんど隙間ができないので、いい意味で存在感がありません。

f:id:kumablogkun:20210317170719j:image

汎用性

普通のゴミ袋が使えるので、おむつ用ゴミ箱として使用した後は、普通のゴミ箱としても使用できます。密閉性が高いので、臭いが気になりがちなキッチン用ゴミ箱やトイレのサニタリーボックスとしての使用がおすすめです。

ちなみに同じシリーズで小さめのゴミ箱もあり、使用場所・シーンによってはこちらも良さそうです。

おまけ1:おむつのコンパクトな捨て方

 カートリッジ式と比較するとコスパは良いものの、臭いが問題なくて頻繁に捨てる必要がないのであれば、なるべくゴミ袋いっぱいまで多くのおむつを捨てたいですよね。

我が家では下記のような丸め方をしたところ、かなり捨てられる個数が増えました。

普通はこの丸め方をした後

f:id:kumablogkun:20210317170728j:image

両端のテープ止めを内側に折り込むだけですが

f:id:kumablogkun:20210317170731j:image

片方をくるくるときつめに巻くと、こんなに小さくなります!

f:id:kumablogkun:20210317170736j:image

約半分の大きさにはなっていると思うので、2倍近くは捨てられるのではないかと。一度お試しください。

おまけ2:うんちの場合

うんちの場合は流石に何もせずに捨てると臭うので、この袋を利用しています。ただ、袋の口が締めにくいのが難点でした。

最近袋の口が締めやすいこちらを発見したので、次はこれを買ってみようと思います。

という訳で本日はおむつの捨て方についてでした。

離乳食が始まったらもっと臭いがキツくなるとも聞いたので、様子を見ながら柔軟に対応して行きたいと思います。

************************

パンパースとメリーズの比較記事もアップしていますので、まだの方は宜しければお読みください。

kumablogkun.hatenablog.com

本日もここまでお読みくださり、ありがとうございました。

プライバシーポリシー お問い合わせ